So-net無料ブログ作成

推定有罪 前川洋一(原作) [推定有罪 前川洋一(原作)]


推定有罪 原作 前川洋一について

WOWOWドラマ 「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」の脚本家・前川洋一、
監督・鈴木浩介がみたびタッグを組みます。

ドラマの内容は“冤罪”の闇に迫る社会派ヒューマンドラマで
2012年3月25日にWOWOWより放送開始されます。



著者プロフィール
前川洋一(まえかわよういち)
1958年12月8日生まれ。東京都出身。
89年に読売ゴールデンシナリオ賞優秀賞を受賞。
93年に映画「ゴト師株式会社」で脚本家デビュー。
連続ドラマ「OUT」「人間の証明」では、登場人物がそれぞれに
感じている日常の閉塞感をリアルに描き上げ、
違和感なくその世界に溶け込ませる筆致で高い評価を得る。

とくに人物描写には定評がある。最近では、数々の賞を受賞した
WOWOWドラマでも放送された「空飛ぶタイヤ」「マークスの山」「下町ロケット」
などのドラマの脚本も手掛けた。本書が初の書き下ろし小説となる。

⇒(参考)★ 前川洋一 作品集一覧はコチラから





コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪 [推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪]


推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪

原作:前川洋一(下町ロケット、空飛ぶタイヤ)

いよいよWOWOW連続ドラマWの新番組です。
WOWOWさんのドラマはいつもひとひねりしていて
おもしろいんですよね。

今回のドラマのメインテーマは「冤罪

※なんらかの原因で犯人でもない人が
 犯人とされてしまうこと

よくこういった題材は映画やドラマにされやすい
ですよね。

⇒(参考) ★ それでもボクはやってない 加瀬亮主演

大体のテーマが警察側のミスだったことが
多いと思います。

警察側もたくさんの事件がある中で、
もうとっとと犯人を決めてしまいたいと
いう思いもあるんでしょう。

それでも犯人にされた方はたまったもんじゃ
ありません。

今回のドラマはそんなテーマです。

< 推定有罪 ネタバレ/あらすじ イントロダクション >

今回のドラマはジャーナリスト・加山(仲村トオル)が
犯人と思って記事を書き続けていた(12年前の)
幼女殺人事件の犯人として服役していた篠塚(國村隼)。

こいつが実は無実だったところからドラマは始まる。

当時、この事件の取材をしていた加山は、
確信を持って篠塚が犯人だという記事を書き続けていた。

当然篠原の弁護人・石原(黒木瞳)は
警察のずさんな捜査を非難し失われた12年の苦しみを訴える。

さらにここから出てくる登場人物の関係が実に
興味深い。

推定有罪ネタバレあらすじ感想WOWOW.JPG

▲篠塚の娘・美保(本仮屋ユイカ)
▲被害者の姉・弘子(ミムラ)
▲篠塚を犯人として刑務所へ送り込んだ刑事・浅田(陣内孝則)
▲犯人に仕立てて世論をあおってしまった加山

これらの方々が『冤罪』を通してどのような
人間ドラマを紡いでいくのか興味深々です。

しかし國村隼さんはホント良くドラマで見ますよね~

⇒(参考)★ 國村隼 出演作一覧はコチラから





コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

R-1ぐらんぷり スギちゃん [R-1ぐらんぷり スギちゃん]


R-1ぐらんぷり スギちゃん
優勝!! ならず、、、

R-1グランプリ 杉ちゃん.jpg

でも決勝戦ネタでは完全にCOWCOW多田の方が
おもしろかったので内容には納得です。

ココロない人たちはキム兄の判定を「同じ事務所だから」
とか意見殺到するかと思いますが、明らかにスギちゃんは
緊張しすぎてろれつも廻ってませんでしたからしょうがない。

でもこの番組でスギちゃんのことがたくさんの方に知られ、
またスギちゃんの家族も喜んでくれるでしょうから、
とてもうれしいです。

最後COWCOW多田が涙したのも感動しましたが、
それを見て涙してるスギちゃんんにもっと感動してしまった
ひとも多いはず。

そして泣きながらこうツッこんだはず、、、
「ワイルドじゃないじゃーーーーん!!」

(でもワイルドに泣いていたかな?)

ということでスギちゃん、R-1ぐらんぷり 準優勝
おめでとう!!

⇒★ R-1ぐらんぷり2011 [DVD]はコチラから




コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

ストロベリーナイト 感想/ネタバレ 最終回 [ストロベリーナイト感想(ネタバレ)]


ストロベリーナイト 感想/ネタバレ 最終回

ソウルケイジ3

ストロベリーナイトあらすじネタバレ2.JPG

今、最終回見終わりました。

感想を書く前にご報告。
うすうす感づいていたひともいるかと
思いますが、、、

“「ストロベリーナイト」映画化決定!!”

ひっぱりますね~

でもドラマ特番でも良いと思うんですが、
テレビ局が猛プッシュしたんでしょうかね。

「踊る大捜査」がもう限界に達しているので、早く柱の
テレビドラマ発のメイン映画が欲しいと思うので
しょうがないでしょう。

では最終回、感想です。

< ストロベリーナイト 感想/ネタバレ 最終回 >

結果から申しますと全ての疑問、事件は
解決しました。

最終回の内容から言いますと、一番良かった
俳優さんは日下役の遠藤憲一さんです。

三島耕介役の濱田岳さんもいつも通りよかった
のですが、今回の遠藤憲一さんの演技は
もうちょっと見てみたい!、そんな演技です。

あのコワモテの顔が最後はカッコ良く見えて
しまいましたもん。
あの人はホンモノですね。

⇒(参考)★ 遠藤憲一 作品集一覧はコチラから

濱田岳さんも年齢の割には(23歳)渋い演技をします。

最後に日下の事情聴取を受けている時のカオ
なんて、見ているだけで涙が出てきそうに
なりました。

ストーリーとしては戸部真樹夫(池田鉄洋)が
全ての事件の発端で、やつの暴走を止めるために
高岡賢一(石黒賢)が一皮も二皮も手首さえ
使って止めた、、、というのが今回のオチでした。

でも戸部真樹夫(池田鉄洋)の演技が軽すぎて
物語自体も少し軽くなってしまったような印象を
受けてしまいました。

でも“殺されて当然”みたいな奴の役だったので
よかったのでしょうか。

でもこういった事件て表に出てないだけで、
良くあるケースのような気がしました。

特に癒着、不正、横領などは昔ながらの産業には
あたりまえのように起こっている事ですもんね。

でもこの胸糞悪いことが多い世の中でも、
「ストロベリーナイト」のようなおもしろい
エンターテインメントを見れるだけでも
幸せなんだと思います。

この章、おしまい。

⇒(参考)★ ストロベリーナイト 原作、サントラ、DVDはコチラから

ストロベリーナイト竹内結子.JPG






コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト あらすじ/ネタバレ 最終回 [ストロベリーナイトあらすじ(ネタバレ)]


ストロベリーナイト あらすじ/ネタバレ 最終回

ソウルケイジ3

ストロベリーナイト11話あらすじネタバレ(ソウルケイジ).JPG

いよいよ本日最終回!
今日が祝日で本当にラッキーです。

残業、録画し忘れなどで見逃す心配がない
ですからね。

でも今回の事件はホント奥が深く、
事情が入り組んでストーリーについていくいのが
大変です。

ただ姫川と菊田(西島秀俊)との恋愛だけは
単純で分かりやすいですね。

あとまた今後も姫川版メンバーのスピンオフなど
見たいですね~

11回ではとても全員のエピソードなんて
やれないですもんね。

それではあらすじを追ってまいりましょう。

⇒(参考)★ ストロベリーナイトDVD・原作他関連商品一覧はコチラから


< ストロベリーナイト あらすじ/ネタバレ 最終回 >

姫川玲子(竹内結子)は、発見された胴体が戸部真樹夫
だと、得意の“デカの感”で勝負する。

戸部は昔、高岡賢一(石黒賢)を脅したり、三島耕介(濱田岳)
にもなんらかの被害を与えよとしていたと玲子は考えた。

それにより高岡が戸部を殺害し、自ら姿を消すことで被害者を
装ったと続ける玲子だが、橋爪(渡辺いっけい)は全く
きく耳をもたない。

⇒しかし渡辺いっけいはやりすぎ感が強い俳優なので、
 あたりとはずれの差が大きい(良い言えばアクが強い)
 のですが、今回は見事にハマり役でしたね。

 でも登場人物の中で唯一玲子への愛がないのが橋爪
 のような気がしますね。

 逆に言うと刑事として私情に流されない優秀なデカ、
 と言えます。

また國奥先生(津川雅彦)は手首と胴体は別人のもの
である可能性を示唆した!

⇒えっ!!?? また事件が複雑になるの??
 もっとシンプルに行った方が良いような・・・

さらに國奥先生によると胴体の持ち主は感電死、だと玲子に伝える。
日下はその時でも地道に自分の捜査を続けている。

⇒この人もある意味ブレていない。でも玲子の前では
 ブレブレになってしまう。
 そのギャップがおもしろいですね。

中川美智子(蓮佛美沙子)を訪ねた玲子は、
戸部から酷い目にあっていたことを告白させた。

⇒やっぱり中川美智子(蓮佛美沙子)のあの怯えようは
 理由があったんですね。
 尋常ではなかったですもんね。捨てられた子犬ですよ。

ということで事件は徐々に解決の方向にいくのだが、、、


それでは最終回を一緒に楽しみましょう!

おっと、、、玲子と菊田の恋愛の行方も気になります!

ストロベリーナイト最終回あらすじネタバレ竹内結子.JPG






コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト あらすじ/ネタバレ 10話 [ストロベリーナイトあらすじ(ネタバレ)]


ストロベリーナイト あらすじ/ネタバレ 10話

ソウルケイジ

今回はラスト直前! ソウルケイジ2回目です。

全回9話の感想で記載しました謎の部分。

1.高岡賢一(石黒賢)は誰が殺した、なぜ殺された?

2.三島耕介(濱田岳) はどう関与しているか

3.なぜ三島の彼女、美智子(蓮佛美沙子)はそわそわしているか

2回目では解決するのでしょうか?

⇒(参考)★ ソウルケイジ 原作はコチラから (光文社文庫)★

< ストロベリーナイト あらすじ/ネタバレ 10話 >

姫川玲子(竹内結子)は高岡賢一(石黒賢)が
本当の“高岡賢一”ではないことをつかみ始める。

いつもの“刑事(デカ)の感”というやつだ。

姫川は高岡になりすました工務店を営む男も
保険金詐欺疑惑に絡みなんらかの事件に巻き込まれていたのでは、、、
とにらむ。

その後の捜査会議で、日下班は保険金詐欺疑惑に
絡んでいると思われる木下興業、戸部真樹夫(池田鉄洋)
を割り出したと報告。

玲子も同じくその名前に行き当たっていた。

13年前に高岡の実家周辺の地上げをしていたのが戸部だったのだ。

ここからさらに玲子の“刑事の感”が猛チャージをかけるが、
いつも通り日下には客観的証拠を求められ、
橋爪俊介管理官(渡辺いっけい)からはお譲ちゃんの妄想と
一蹴されてしまう始末、、、

はたして玲子は事件の解決までたどり着けるか?


今回のストーリーではニセ高岡賢一役の石黒賢
演技がとても光っています。

「あれ~ こんなに演技うまかったっけ??」

と思うほど中年の哀愁がにじみ出ています。

今回も石黒賢の演技が見たいですね!

⇒(参考)★ 石黒賢 出演作品一覧はコチラから











コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

夜苺Ⅱ~ストロベリーナイトの震撼~ [ストロベリーナイト感想(ネタバレ)]


夜苺Ⅱ~ストロベリーナイトの震撼~

ドラマ、名場面ランキング

ストロベリーナイトあらすじネタバレ感想.JPG

今回特別番組として今までのストーリーと
番組の名場面ランキングを放送しました。

そのランキングが私も納得のいく内容でしたので
ここに振り返ってみようと思います。

5位 姫川が警察官になった理由

これは連続ドラマになる前に殉職した部下の殺害現場の
前で話しかけるように語ったエピソードでしたね。

親身になってくれた女性警察官が連続暴行魔に
殺され、その日記を見る事で法廷に出る勇気を与えて
くれた大事な人。

法廷で全警察官が姫川に向かって敬礼する場面は
涙なくしては見れません。


、、、、と書き始めたのは良いのですが感想を
入れるとかなり長くなりそうなので、また次回で。

ただいま放送中の「ソウルケイジ」はスローリーの中でも
異色の長編ですので、まずはこれを楽しみましょう。

⇒(参考)★ ソウルケイジ 原作はコチラから (光文社文庫)★




コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト あらすじ/ネタバレ 9話 [ストロベリーナイト感想(ネタバレ)]


ストロベリーナイト あらすじ/ネタバレ 9話

ソウルケイジ

ストロベリーナイト9話ネタバレあらすじ感想ソウルケイジ.JPG

今回ドラマ最大の事件、「ソウルケイジ」
いよいよ始まりました。

このあらすじは3回にわたって放送されます。

しょっぱなからいろんな因縁が交錯し、
ちょっとわからなくなっている方も多いはず。

まずは今回の事件の不明点のまとめ。

1.高岡賢一(石黒賢)は誰が殺した、なぜ殺された?

2.三島耕介(濱田岳) はどう関与しているか

3.なぜ三島の彼女、美智子(蓮佛美沙子)はそわそわしているか

あとドラマに関する進行で気になることとして、、、

4.日下と姫川(竹内結子)のライバル競争

最後は何と言ってもコレ!!

5.姫川(竹内結子)と菊田(西島秀俊)との恋

チェックするポイントが多いですよ、
今回のエピソードは!

1話でも見逃したらアウトです。

録画し忘れに注意しましょう!!

それにしても菊田(西島秀俊)はイイ男すぎます!

⇒(参考)★ 西島秀俊 出演作一覧はコチラから







 
コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

東野圭吾 分身 感想/ネタバレ 最終回 長澤まさみ主演 [分身 東野圭吾 感想/ネタバレ]


東野圭吾 分身 感想/ネタバレ 最終回 長澤まさみ主演

母性の奇跡

東野圭吾分身ドラマ感想ネタバレ原作最終回長澤まさみ.JPG

⇒(参考)★ 長澤まさみコラボ商品など一覧はコチラ

本日最終回を観ました。
とても考えさせられるドラマでしたが、
やっぱり身につまされることは、、、

母親の愛情」ということです。

父親とは似てるが全くことなる母性の愛。

なので最後の最後で双葉のお腹に子供が
やどったんだと思います。
ほんとは宿らないはずのカラダのはずですが。。。

やっぱり生みの親より育ての親、、、、
どれほど時間を共有するかが親子には大事
なんだなあー とつくづく思いました。

しかしどうも納得いかなかった事も
多かったこのドラマ、、、

1.鞠子と双葉を監視する護衛の手薄さ

そんな機密事項なら、もっと護衛や監視をきちんと
しないと!
簡単に鞠子と双葉が逃げられるほどのざるでは
この先何も守ることはできないですよ。

2.大学教授の異常さ

ネズミの背中に人間の耳の遺伝子をつけて
喜ぶ大学教授。
そんな異常な教授があの年まで何も問題を
起こさずにやれてこれるなんてありえない。

普通に考えると今頃刑務所に入っていても
おかしくないです。

あと最後が一番ショッキング!

3.鞠子と双葉のコピー元

鞠子の父親が好きだった、鞠子と双葉のコピー元。
こいつの性格がとんでもなく悪い。
そんなやつが他人に忘れられないほど、
好きになる対象なのかどうか、、、

鞠子と双葉の性格は人間的にとても良いのに
コピー元のおばちゃんは多少性格が荒れている。

ただなんといってもこれを長澤まさみが、
(キャラが固まっていないまま)
演じてしまったためいささかコント風に
なってしまった!! これはアカン!

でもこれで長澤まさみの演技が一皮も
二皮もむける事を祈ります。

ということでハッピーエンドなのかどうか
分からないですが、鞠子と双葉がこれから
幸せになりそうでよかったです。

でも鈴木砂羽さんがもっと見たかったな~

⇒(参考)★ 鈴木砂羽 作品集一覧はコチラから
東野圭吾分身ドラマあらすじネタバレ原作鈴木砂羽.JPG





コメント(1) 
共通テーマ:テレビ
広告スペース
Copyright © テレビドラマあらすじ・感想・視聴率などまとめ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。