So-net無料ブログ作成
タイトロープの女 あらすじ・感想/ネタバレ ブログトップ

タイトロープの女 あらすじ/ネタバレ 最終回 [タイトロープの女 あらすじ・感想/ネタバレ]


タイトロープの女 あらすじ/ネタバレ 最終回

タイトロープの女あらすじ感想ネタバレ最終回.JPG

由梨(池脇千鶴)の心の弱さ炸裂。。。

全てを自分の意志とは反発して、本当に大切な
ひとを周りから排除してしまう弱さ。

昔の自分とオーバーラップしてしまいます。

このタイトロープの女の本筋は
弱すぎる由梨(池脇千鶴)の心を表していましたね。

結べないロープ。

あと何回見ても飽きない演技、高岡早紀さん
ほんのした仕草や相手の目をまっすぐに見て
必至に伝えようとするその演技はかなり迫真に
迫っていて圧倒されます。

⇒(参考)★ 高岡早紀 出演作品一覧はコチラから


< タイトロープの女 あらすじ/ネタバレ 最終回 >

龍司(田村亮)の本当の子でなかったことが分かり、
由梨(池脇千鶴)は会社を継いだ意味を自問自答していた。

あかん、あかんで~
 会社な生モンですからそんな自問自答している時間が
 あったら営業しないと。

 時間は待ってはくれませんよ!
 頑張れ女社長!

そんな折、恭子(高岡早紀)が倒れた。
それで病院に呼び出された由梨は、お互いが唯一の
縁者なのを始めて理解する。

遅い、遅すぎる。
 はやくしないと大切な人は周りからいなく
 なってしまうだよ。

 あーだこーだ言ってるまに、少しでも
 良くなるように相手に自分の意思を伝えんかい!

しかいまた恭子は姿を消してしまう。

一方、新製品の情報を手土産にライバル会社へ移った
小野田(笹野高史)。

もともとあのジジイの顔自体きらいだったが、
 これで決定!
 あのジジイ、ろくな死に方しないね。
 
 無視無視。

しかも価格競争を巻き込んできた。。。。

射殺決定ですね。
 あの年齢でここまで薄汚い、ということは
 若い時はもっとこすい人間だったに違いない。

 こいつは一度ギャフンといわしてやらんと
 気がおさまらん!


それでは本編を見た後に。




コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

タイトロープの女 2話 あらすじ・感想/ネタバレ [タイトロープの女 あらすじ・感想/ネタバレ]


タイトロープの女 2話 あらすじ・感想/ネタバレ

タイトロープの女あらすじ感想ネタバレ2話原作.JPG

今回も池脇千鶴さん、高岡早紀さんのバトルが
白熱しっぱなしの50分でした。

その中でいい味だしてきたのが、税理士の永沢(小澤征悦)
まじめすぎる演技がホント笑える。

このドラマにコメディの要素を1人でしょってます(笑)

WOWOWドラマ「パンドラⅢ」では、思想だけで行動が
ヘタクソの革命家を演じてましたが、それよりもずっとずっと
おもしろい役を演じてます。

かなり高感度アップです、小澤征悦さん

⇒(参考)★ 小澤征悦 出演作品一覧はコチラです

< タイトロープの女 あらすじ・感想/ネタバレ 2話 >

傑作、傑作!

第2話は1話より更にパワーアップして演技バトルが
繰り広げられました。

※出演者の演技がうますぎて自然と演技バトルとして
 見てしまってます

由梨(池脇千鶴)が株の相続を宣言した矢先、
会社のインドネシア法人が倒産。

トラブルがトラブルをさそって、バカ社員の小野田(笹野高史)
 のしりぬぐいをする羽目になるんです。

 いやほんとバカ社員です。

税理士の永沢(小澤征悦)が財務を調べると、
会社の負債総額は8億円にもなることが判明。

そのバカ社員が残した遺産が借金8億円(はちおくえん)

 さらに社員を率いて、社長になった由梨(池脇千鶴)を
 悪者にしたてる、ほんとこすいやつです。

 それについていく弱い社員も社員です。
 会社が困った時に助けるのが社員なのに、給料が
 どうだとか、保障がどうだとか、、、、
 
 見ていて腹が立ちます!!

そこに恋人の古谷(姜暢雄)が現れる。
既婚者であることを隠していた古谷の言動に、
かつての父を見た由梨は…。

いや、このシーンと由梨(池脇千鶴)が高岡早紀さんを
 説教しているシーンがおもしろかった。
 
 この恋人の古谷(姜暢雄)のせいで自分も高岡早紀のように
 不倫になりそうな自分をオーバーラップさせながら、
 高岡早紀を説教するんですもん。

 あと嫌いなニンジンを食べて、恋人の古谷(姜暢雄)と
 決別したのもなんだかスッキリしました。

 いやー  おもしろすぎます、、、


実はこのドラマ、原作がありません。
オリジナル脚本なんです。

原作がなくても、こんなに面白いドラマって
つくれるんですね。

ではまた。







コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

タイトロープの女 1話 あらすじ・感想/ネタバレ [タイトロープの女 あらすじ・感想/ネタバレ]


タイトロープの女 1話 あらすじ・感想/ネタバレ

タイトロープの女あらすじ感想ネタバレ1話-2.JPG

こんなにも面白いドラマが放送されてたとは!

不覚!! 

でリアルタイムに感想を書けなかった
ことに深く反省!!

とにかく池脇千鶴さん、高岡早紀さんのバトルが
おもしろすぎる!

もっと話題になってもいいくらいです。

特に1話では高岡早紀さんの冷静沈着な演技が
ズバ抜けています。

プライベートでは悪女のイメージが強い彼女ですが
女優としての力量は他の女優さんより頭ひとつ抜けてます。

⇒(参考)★ 高岡早紀 出演作品一覧はコチラから

< タイトロープの女 1話 あらすじ・感想/ネタバレ >

1話では池脇千鶴さん、高岡早紀さんのんバトルの始まりです。

タイトロープの女あらすじ感想ネタバレ1話.JPG

東京で売れないピアニストをしている十倉由梨(池脇千鶴)は、
父の訃報に八年ぶりに芦屋の実家を訪れた。

父からの電話の時、十倉由梨(池脇千鶴)は恋人(実は不倫)
 相手とのキスの真っ最中。
 その電話をとれず、父はその直後に発作で死亡。

 ここから彼女の苦闘が始まる、、、といっても過言ではない。

喪主は父の愛人で今は由梨の継母の恭子(高岡早紀)。

不倫からなった夫婦関係だったけど、恭子(高岡早紀)は
 本気だったから不安・迷いがない。

 やっぱり本気の人間は強い!

 ただ由梨(池脇千鶴)は彼女のせいで母親が死んだ、
 家族が不幸になったと思っているので二人の関係は
 縮まらないばかりか、離れていく。
 
 ただそれを恭子(高岡早紀)はあたりまえだ、しょうがないこと
 とオトナらしくそう思っている。

十倉ワイヤー現・社長の小野田がこれまでの経営の失敗から
盛り返すことが出来ず、さらに会社の株式を由梨(池脇千鶴)から
すべて買い取り、会社をのっとろうとしている。

それを察知した恭子(高岡早紀)はなんとか旦那の遺産の会社を
 盛り返そうと由梨(池脇千鶴)に働きかけるが、
 今の二人の関係では力を合わせて・・・なんて夢のまた夢。

いったい会社はどうなるんでしょうか。
また二人の関係は??

うーん 気になる~





コメント(0) 
タイトロープの女 あらすじ・感想/ネタバレ ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビドラマあらすじ・感想・視聴率などまとめ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。