So-net無料ブログ作成
推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪 ブログトップ

推定有罪 ネタバレ/あらすじ 最終回 [推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪]


推定有罪 ネタバレ/あらすじ 最終回
について

推定有罪ネタバレ最終回あらすじ感想ドラマWOWOW.JPG

ついに最終回!
真犯人も判明し、あとはその罪を
問いただすのみ、、、

しかしスムーズには進まない(進めない)
ようです。

このドラマ、途中で篠塚(國村隼)や石原(黒木瞳)
がイイ人になってよかったな~ って思います。

あんなに悪人が多い世の中ですと
人間ぎらいになってしまいそうでした。

やっぱり家族愛って素晴らしいと思います。

⇒(参考)★母の日プレゼント」特集ページはコチラから


< 推定有罪 ネタバレ/あらすじ 最終回 >

しかし桂木(寺島進)はちゃんと出演出来てきた
と思ったら交通事故にあったり、殺されそうに
なったりとツイていません。

でも彼がいたおかげて真犯人究明に
もっとも近づいたのではないしょうか。。。

12年前の事件現場を目撃していた桂木(寺島進)は、
すべてを加山(仲村トオル)に話す。

おどろく事に事件の犯人は、現内閣官房長官の
吉田(竜雷太)の息子・恵一(森岡龍)だったのだ。

ただ恵一はすでに死んでいたのだ。

それじゃあ一体誰に罪を償ってもらう
必要があるのか??

加山(仲村トオル)が真相を確かめようとした
その時、浅田(陣内孝則)が浦井(柴俊夫)と共に現われた。

果たしてネジまがってしまった人間関係は
どう修復していくのか。







共通テーマ:テレビ

推定有罪 ネタバレ/あらすじ 4話 [推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪]


推定有罪 ネタバレ/あらすじ 4話

推定有罪ネタバレあらすじ感想WOWOW4話.jpg

はやくも来週最終回の「推定有罪」

いまだ謎の男・桂木(寺島進)にドラマとは
そぐわない違和感を感じつつも来週は
もうジエンドとなる。

いったいどうやってストーリーに絡んで
くるのだろうか。

< 推定有罪 ネタバレ/あらすじ 4話 >

ついに謎の男・桂木(寺島進)が本格的に動き出す。

謎の男・桂木(寺島進)は雑誌社に電話をする。
一体何のために?

電話の内容は、、自分は真犯人を知っており、
犯行に使われた凶器のナイフも所持していると言うのだ。

⇒ナイフを持っているとうことはお前が
 犯人なのか??

300万円で取り引きしないかと持ちかけられた加山
(仲村トオル)は、不審に思う。

⇒でも300万円て安くないだろうか?
 雑誌社をゆすればもう少しは。。。

同じ頃、浅田(陣内孝則)は、12年前の
事件の裏に何か隠された秘密があるのではないかと勘づく。

⇒いやいやお前がはりきって捕まえた犯人だろう?
 おとなしくしてなさい。


でも唯一の番組の華、本仮屋ユイカさんは
どうやってドラマにさらに絡んでくるのだろうか。

⇒(参考)★ 本仮屋ユイカ 出演作品一覧はコチラから

推定有罪ネタバレあらすじ感想WOWOW4話本仮屋ユイカ.jpg






共通テーマ:テレビ

推定有罪 ネタバレ/あらすじ 3話 [推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪]


推定有罪 ネタバレ/あらすじ 3話

推定有罪ネタバレあらすじ感想WOWOW3話.JPG

前回からストーリーの展開がかなり
広がってきて、登場人物も多彩に
なってきました。

(本仮屋ユイカ、ミムラも本格的にストーリーに登場)

その中でもやはり独特の存在感といいましょうか、
オーラを出しまくっている篠塚(國村隼)。

この人、融資係にはあんなに怒鳴りこんでいたのに
留置場を経験して、かなり悟りを開いたようで
実はいいモンもなりそうな気がします。

⇒(参考)★ 仲村トオル 出演作一覧はコチラから


< 推定有罪 ネタバレ/あらすじ 3話 >

篠塚(國村隼)の裁判に判決を下した判事・森本(中丸新将)
に取材をする加山(仲村トオル)。

誤った判決を下したことを聞いたが、
自分は間違っていないことを伝える。

なぜならば一番の間違いはDNA鑑定だからだ。

その瞬間、男が森本に襲いかかり加山(仲村トオル)は
代わりに負傷してしまう。

⇒そして今回のドラマ一番のわるモン、
 与党議員の栗林(相島一之)。

 こいつは次の選挙に当選することだけを
 考えて、当選するなら何でもやってしまう
 相当なワルだ。

 篠塚(國村隼)の娘・本仮屋ユイカにわざわざ
 会いに行き、その写真を写真週刊誌に売った。
 
 それで親子関係、本仮屋ユイカの職場
 その他もろもろ大混乱だ。

 さらには政界の実力者・吉田官房長官に選挙に
 協力をあおいで欲しいと依頼する。

 もうやりたい放題だ。







共通テーマ:テレビ

推定有罪 ネタバレ/あらすじ 2話 [推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪]


推定有罪 ネタバレ/あらすじ 2話

推定有罪ネタバレあらすじ感想ドラマ2話WOWOW.JPG

全く期待していなかったWOWOWドラマ、
「推定有罪」が熱いです。

イイもん:3割
ワルもん:7割

、、、とヒューマンドラマで一番良い構造が
理由だと思いますが、ドラマの最初では被害者
だった篠塚(國村隼)が石原(黒木瞳)の口車に
乗せられ徐々に顔つきが悪くなっていくさまが
微妙で楽しめます。

あと今回の事件を利用してのイメージアップ作戦で
次の選挙を戦おうとしている政治家 栗林も
分かりやすいワルもんでナイスです。

主役・中村トオルの哀愁・中年のたそがれもかなり
ドラマを引き立てています。演技も◎です。

⇒(参考)★ 仲村トオル 出演作一覧はコチラから


< 定有罪 ネタバレ/あらすじ 2話 >

いまのところ一番、かわいそうな加山(仲村トオル)。

前回からの続きですが、、、
誤報の記事を雑誌に出してしまって篠塚(國村隼)に
謝罪する加山(仲村トオル)。

⇒加山(仲村トオル)の性格が優しいだけに
 過去の事件に対して一番苦しんでいます。

 なんとかしてあげたい!

同時に、何故誤報を招いてしまったのか、
の記事を書きたいと訴えていた。

石原(黒木瞳)は条件を提示し、
記事を書いても良いと告げる。

⇒黒木瞳のワルもんぶり(というかかなりビジネスライク)
 な役柄はとても魅力的です。

ここで今回のドラマを一番かき回しそうな奴で、
12年前に篠塚を誤認逮捕してしまった刑事・浅田(陣内孝則)。

おとなしくしてればよいものをこの人も正義感が
強すぎる傾向があり、署から許されていないのに
真犯人を突き止めるべく動いている。

石原に聞き込みをした浅田は、そこで事件の鍵を握る男の存在を知る。

⇒これがまた得体のしれない桂木(寺島進)だ。
 ただ1人堅気ではない雰囲気をプンプン臭わせている
 ドラマの中で一番のクセモノだ。

 
冤罪で服役していた辛さを一気に世論との
戦いに巻き込まれた篠塚(國村隼)がどこまで
他人の利益に利用されるか見ものだ!










コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪 [推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪]


推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪

原作:前川洋一(下町ロケット、空飛ぶタイヤ)

いよいよWOWOW連続ドラマWの新番組です。
WOWOWさんのドラマはいつもひとひねりしていて
おもしろいんですよね。

今回のドラマのメインテーマは「冤罪

※なんらかの原因で犯人でもない人が
 犯人とされてしまうこと

よくこういった題材は映画やドラマにされやすい
ですよね。

⇒(参考) ★ それでもボクはやってない 加瀬亮主演

大体のテーマが警察側のミスだったことが
多いと思います。

警察側もたくさんの事件がある中で、
もうとっとと犯人を決めてしまいたいと
いう思いもあるんでしょう。

それでも犯人にされた方はたまったもんじゃ
ありません。

今回のドラマはそんなテーマです。

< 推定有罪 ネタバレ/あらすじ イントロダクション >

今回のドラマはジャーナリスト・加山(仲村トオル)が
犯人と思って記事を書き続けていた(12年前の)
幼女殺人事件の犯人として服役していた篠塚(國村隼)。

こいつが実は無実だったところからドラマは始まる。

当時、この事件の取材をしていた加山は、
確信を持って篠塚が犯人だという記事を書き続けていた。

当然篠原の弁護人・石原(黒木瞳)は
警察のずさんな捜査を非難し失われた12年の苦しみを訴える。

さらにここから出てくる登場人物の関係が実に
興味深い。

推定有罪ネタバレあらすじ感想WOWOW.JPG

▲篠塚の娘・美保(本仮屋ユイカ)
▲被害者の姉・弘子(ミムラ)
▲篠塚を犯人として刑務所へ送り込んだ刑事・浅田(陣内孝則)
▲犯人に仕立てて世論をあおってしまった加山

これらの方々が『冤罪』を通してどのような
人間ドラマを紡いでいくのか興味深々です。

しかし國村隼さんはホント良くドラマで見ますよね~

⇒(参考)★ 國村隼 出演作一覧はコチラから





コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
推定有罪 ネタバレ/あらすじ 冤罪 ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビドラマあらすじ・感想・視聴率などまとめ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。