So-net無料ブログ作成
検索選択
リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ ブログトップ

リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ 4話 [リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ]


リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ 4話

新垣結衣、堺雅人主演のドラマ『リーガルハイ』
第3話の視聴率は11.2パーセントでした。

こちらも徐々に下がっていくパターンの
ようですね。

法廷モノは法律が絡んでくるので“じっくる観る”派
には受けが良いんですけどね。

視聴者の感想を見てもかなり良いイメージが
多くありますよね。

やっぱり主演の二人の演技が明るくて
週初めのイヤなことを吹き飛ばしてくれそう
だからでしょうか。

今回のゲスト俳優は村井美樹さん
早稲田大学教育学部卒業のインテリ俳優さんです。

村井美樹リーガルハイあらすじ感想ネタバレ.jpg

⇒(参考)★ 「村井美樹」 出演作品一覧はコチラから


< リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ 4話 >

今回、黛真知子(新垣結衣)が持ち込んだのは、
現代にありがちな日照権を巡る訴訟。

近くに建設中の高層マンションのために、
自宅が日陰になるという主婦、桑田久美子(村井美樹)
からの訴えだ。

たが突然、久美子から町内会で変わりの弁護士を立てる
ことになったと黛に断りの連絡が入った。

翌日、黛が事務所に行くと、金になる仕事が入ったと
古美門に連れ出される。

向かった先は、なんと断られた案件とは
逆の立場の建設会社。

今回の日照権問題のマンションを立てる会社の
ほうだ。

町内会が選んだ弁護士が、この手の訴訟のプロ。
さらに企業から多額の賠償金を勝ち取ることで
有名な大貫善三(大和田伸也)。

親身になって久美子の話を聞いていため、
依頼を引き受ける古美門に文句たらたら。

住民説明会では早速、住民代表の大貫と
ぶつかり合う古美門。

ところが、翌日すぐに大貫が古美門に
示談に応じると現われた。

話は住民無視の示談金の話へとすり替わっていく・・?






共通テーマ:テレビ

リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ 3話 [リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ]


リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ 3話

新垣結衣、堺雅人主演のドラマ『リーガルハイ』
第2話の視聴率は12.1パーセントでした。

かなり良い数字をキープしていますね。

やっぱり堺雅人の奇抜な演技と愛くるしい
新垣結衣のショートボブのおかげですかね?

また3話のゲストとして永山絢斗さんが出演
されます。

交通事故から復帰しての第一弾ドラマのため
どんな演技を見せてくれるのか、また元気な
姿を見せてくれるのか(観たいですね!)
楽しみです。

⇒(参考)★ 永山絢斗 出演作一覧はコチラから

永山絢斗リーガルハイ.jpg

< リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ 3話 >

今回はテレビのドキュメンタリー番組の取材が
事務所に入るところから始まります

そのため取材のことが気がかりで、
国選弁護の話になど忘れている様子。

黛はしょうがなくひとりで、ストーカー法違反で
訴えられた榎戸信也(永山絢斗)の弁護を
することになってしまった。

だが榎戸は黛に、なかなか思っていることを
打ち明けようとしない。
仕方なく弁護方針を減刑に持ち込もうとする黛。

一方、服部が古美門に持ち込んだのは、汚い野次で
野球の球場から強制退去させられたことに
納得いかない望月ミドリ(阿知波悟美)が訴える、
球団への賠償請求という、なんともお粗末な訴訟ネタ。

はたして二人のドタバタはどうなることやら。。。







共通テーマ:テレビ

リーガルハイ ネタバレ/あらすじ 1話 [リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ]


リーガルハイ ネタバレ/あらすじ 1話
について

リーガルハイ視聴率ネタバレあらすじ主題歌新垣結衣.JPG

新垣結衣さんのショートカットが早くも
話題のドラマ『リーガル・ハイ』が
放送開始です。

ドラマの内容は番組タイトルの通り、
法律事務所が舞台となります。

勝つことにこだわる弁護士、古美門研介(堺雅人)と、
正義感ということばがぴったりの新人、
黛真知子(新垣結衣)のコンビが法律の真実に
迫る異色の法廷コメディーです。

映画『ゴールデンスランバー』でハマった
超演技派:カメレオン俳優、堺雅人さん
テレビドラマ『めぞん一刻』でハマった、
ショートカットが似合いすぎている成長株の
新垣結衣さん。

意外と春番組の中では一番期待している番組です。

⇒(参考)★ 堺雅人 出演作品一覧はコチラから

このタイミングで旦那:坂田亘が5000万円の支払い請求を
されてしまった小池栄子さんも
出演して、ドラマを盛り上げてくれます。

< リーガルハイ ネタバレ/あらすじ 1話 >

三木長一郎(生瀬勝久)の法律事務所で働く黛は、
殺人の罪に問われた坪倉裕一(中村蒼)
を弁護するが敗訴しまったいた。

判決が不当と信じる黛は控訴したいが、
三木になぜか逆ギレされる。

納得出来ない黛に助け舟を出したのは
秘書の沢地君江(小池栄子)。

沢地は、かつて三木法律事務所に在籍した
古美門(堺雅人)に相談するよう黛を促した。

ここで二人のドラマが始まります。

バイオリンを弾きながら現れた古美門。
変わった人です。

実は二人は以前、電車でお互い出合っていた。
それも最悪の初対面だった。

だがめげない黛に、黛に古美門は弁護費用
三千万円を突きつける。
さらに相談料五十万円まで要求されたため、
黛は腹を立てて帰ってしまう。

あたりまえだ。
人間がくさってる。

一度起こった黛だが、真実追求、弁護士としての
使命を思いだし、三千万を用意して古美門の事務所へ向かう。


ちなみに番組主題歌はリップスライムのPESが
歌う、女神のKISSです。
こちらもハマりそうです、、、

⇒★ PES from RIP SLYME / 女神のKISS 【初回限定盤】








共通テーマ:テレビ
リーガルハイ あらすじ/感想/ネタバレ ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビドラマあらすじ・感想・視聴率などまとめ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。