So-net無料ブログ作成
検索選択
37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ ブログトップ

37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ 5話 [37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ]


37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ 5話

SMAP草なぎ剛さん主演のドラマ、
『37歳で医者になった僕~研修医純情物語』
第4話の視聴率は13.6パーセントでした。

かなり頑張っているドラマです!

ドラマ出演者・キャストが豪華なのも
見どころのひとつです。

なかでも作詞・作曲のできるアイドル、
八乙女光(Hey!Say!JUMP)はとても勢いが
ありますね。

八乙女光37歳で医者になった僕5話.jpeg

⇒(参考)★ 「八乙女光」 関連商品一覧はコチラから


< 37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ 5話 >

今回は谷口(桐山漣)が看護師に薬の処方伝達ミス
から始まる。
発端は新見(斎藤工)だった。

大事にはならなかったがその後がまずい。
なんと谷口と新見が看護師にミスの責任を
なすりつけしまっていた。

結果、谷口と直美(真飛聖)は険悪なムードになってしまう。
そりゃ当然だ。「チーム医療」という概念に反している。

病院では、医師-看護師の間には職種の違いから発生する
目に見えないヒエラルキーが存在する、と言う。

そんな折、直美の娘・葵(大出菜々子)が
再婚を決めた父親に反発して家を飛び出してきた。

下田(八乙女光)や谷口は小生意気な葵に迷惑顔。

一方、直美の指摘のおかげで患者の肺炎を
発見できた祐太は、改めて看護師と連携する
重要性を痛感していた。

ただこれが直美と祐太の間にも深い溝が発生することに・・・








共通テーマ:テレビ

37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ 4話 [37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ]


37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ 4話

八乙女光37歳で医者になった僕.jpg

SMAP草なぎ剛さん主演のドラマ、
『37歳で医者になった僕~研修医純情物語』
第3話の視聴率は14.5パーセントでした。

徐々に視聴率が上がっているこのドラマ。
もしかすると大化けする可能性があります。

やっぱり草なぎ剛さんのシリアスな演技は
観ている人を惹きつけるチカラが強いですね。

⇒(参考)★ 草なぎ剛 出演作一覧はコチラから


< 37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ 4話 >

こころの優しい祐太(草ナギ剛)は木島(甲本雅裕)が
亡くなったショックからいまだ立ち直れずにいた。

そんな折、数年前に引退した大女優・羽山早苗
(江波杏子)が内科に入院してきて祐太が担当になることに。

早苗の病状はすでに手の施しようがない状況だったが、
病状は安定していた。

祐太は見舞いに来た家族に病状を説明しようとするが、
家族はいっこうに病気のこと、症状について聞こうとせず、
本人にだけ話して欲しいと逃げるように帰ってしまった。

家族の対応に違和感を覚える祐太。

同時期に、自殺未遂の大学生・吉野香織(岡野真也)が
内科に入院し、下田(八乙女光)が担当に。

症状に腎臓疾患の疑いがあったが、香織は治療を拒否していた。

あぶない状態にも関わらず、家族は引き取りに来られないという。






共通テーマ:テレビ

37歳で医者になった僕 ネタバレ/あらすじ [37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ]


37歳で医者になった僕 ネタバレ/あらすじ
について

37歳で医者になった僕ネタバレ視聴率あらすじ水川あさみ.JPG

「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」
SMAPの草なぎ剛主演ドラマの回平均視聴率は
13・2%でした。

草なぎさんはホントに純粋な人の役を
させたら抜群の存在感を発揮します。

私が草なぎさんに注目したのは映画『黄泉がえり』
で竹内結子さんと共演してからです。

⇒(参考)★ 草なぎ剛 出演作品一覧はコチラから


< 37歳で医者になった僕 ネタバレ/あらすじ 1話>

大手企業を脱サラして37歳で研修医に転身、
一人前の医者に成長していく姿を実話をもとに
描く感動の病院ドラマ。

実話をベースに、というのがドラマ内容に
リアル感を与えてくれます。

あと注目は主人公に何かと反発する研修医仲間を水川あさみ(28))、
ミムラ(27)、「Hey!Say!Jump」の八乙女光(21)
でしょう。

水川あさみさんを自ら「女優として中途半端な時期」
といっていたが、自らの皮を破るためにも
インパクトを残して欲しい。

ミムラさんはWOWOWドラマ『推定有罪』でも
殺された姉の親族の演技が注目を浴びていて、
これから更に伸びる女優さんです。

八乙女光は話題づくりということで
頑張ってほしいです。

祐太(草なぎ)は30歳で大手食品会社を辞めて
医学部に入り、37歳でようやく研修医になった。

そして大学病院内では、同期の研修医・瑞希(水川)らは
なんとも言えない視線を送っていた。

そのあとも治療方針を話し合うカンファレンスに
全く意味がない、とバッサリ言ったり。

また患者の意見を尊重しすぎて手術を
見送ることを担当医に薦めたり、、、

とにかく映画『パッチアダムス』の主人公の
ように自分の気持ちに素直に行動している
ことが伝わってきます。

さてそれが病院内にどう影響するかが
みものです。


⇒★ ドラマ主題歌 僕と花 サカナクション








コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
37歳で医者になった僕 あらすじ/感想/ネタバレ ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビドラマあらすじ・感想・視聴率などまとめ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。