So-net無料ブログ作成
検索選択
Wの悲劇 あらすじ/感想/ネタバレ ブログトップ

Wの悲劇 あらすじ/感想/ネタバレ 1話 [Wの悲劇 あらすじ/感想/ネタバレ]


Wの悲劇 あらすじ/感想/ネタバレ 1話

女優の武井咲さん主演ドラマ「Wの悲劇」
本日放送開始です。

今や飛ぶ鳥を落として焼いて食べてしまうほどの
勢いのある武井咲さん。

一時間に1回は必ずテレビで見てしまうような、、、
そんな錯覚にすら陥ってます(笑)

今回のドラマのあらすじは夏樹静子さんの
同名人気ミステリー小説を大胆にアレンジしたもの。

うり二つの風ぼうを持つ、大財閥の娘・和辻摩子
とショーパブでバイトをする天涯孤独な倉沢さつきが、
互いの人生を摂り変える事で起こる過酷な運命を
描いたミステリードラマです。



⇒(参考)★ Wの悲劇 (角川文庫) 書籍詳細はコチラから


< Wの悲劇 あらすじ/感想/ネタバレ 1話>

大財閥・和辻(わつじけ)に生まれ、当主の祖父に
かわいがられて育ってきた摩子(武井咲)。

それとは正反対にショーパブで清掃のアルバイトをしながら、
男性に体を売って金を稼ぐ倉沢さつき(武井咲・2役)。

この設定がドラマとしては刺激があります!

そんな二人が偶然にもある殺人事件をきっかけに出会う―。

ある晩、売春相手の男性が殺害された
おかげで事情聴取をされたさつき。

友人もいないさつきはアリバイを証明することが
できなかった。

当然刑事の弓坂圭一郎(桐谷健太)らから執拗
な取調べを受けていた。

そんなさつきにひとりの女性から電話がかかる。
 「わたしがあなたのアリバイ証明してあげる」

それが摩子だった。

ということは摩子はなんらかのタイミングで
さつきの事を知っていた、ということ。
どのタイミングでしょうか?

摩子により無事さつきのアリバイを立証できたが、
さらなる要求をさつきに行う。

こうして二人の運命は怒涛のごとく動き出した!

--------------

主題歌と挿入歌は平井堅さんが担当しています。

主題歌「告白」は、武井咲さん演じるいびられっぱなしの
主人公の心情を“おんな歌”で代弁したもの。

女性の気持ちが分かる平井堅さんは
今回も悲哀をテーマにした楽曲を
提供してくれています。

一方、挿入歌は'84年公開の薬師丸ひろ子主演の
映画『Wの悲劇』の主題歌「Woman”Wの悲劇”より」
のカヴァーということで往年のファンをも納得させる
曲となりそうです。

⇒(参考)★ 平井堅「 告白 」(初回生産限定盤)(DVD付) 詳細はコチラから











共通テーマ:テレビ
Wの悲劇 あらすじ/感想/ネタバレ ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビドラマあらすじ・感想・視聴率などまとめ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。