So-net無料ブログ作成
検索選択
悪女について(沢尻エリカ) あらすじ/感想/ネタ ブログトップ

悪女について(沢尻エリカ) あらすじ/感想/ネタバレ [悪女について(沢尻エリカ) あらすじ/感想/ネタ]


悪女について(沢尻エリカ) あらすじ/感想/ネタバレ

沢尻エリカ悪女についてドラマあらすじネタバレ感想.JPG

沢尻エリカ5年ぶりのドラマ出演!!
ということで放映前から超話題になってます。

もうひとつ話題のネタが、、、

共演の船越英一郎が妻の松居一代とけんかをし
家出してしまったという、、、

いやいや、もうイイ大人ですし家出て・・・

しかも夫婦ゲンカの原因がドラマ内での沢尻エリカとの
ラブシーンが発端となっているという、、、

正直、どうでも良いです。

俳優の人たちってこういう社会的におかしな事を
平気でマスコミを通して公共の電波を使って
しまうところが面白いですね(笑)

そんなネタはさておき、本編は沢尻エリカの
女優魂と脚本の良さが抜きんでてる作品と
なっております。

原作は有吉佐和子さんの同名小説。

男社会を逆手にとり、しかも女の魅力を完璧に発揮して
男たちを翻弄しながら、豪奢に悪を愉しんだ
女の一生を綴る長編小説です。



⇒(参考)★ 「悪女について」 (新潮文庫)はコチラから


< 悪女について(沢尻エリカ) あらすじ/感想/ネタバレ >

《自殺か、他殺か、虚飾の女王、謎の死》――

まず冒頭0秒を見逃してはいけない。

鶴橋康夫監督の演出魂と5年のブランクを
取り戻そうとする女優魂と覚悟も、
その眼力から照射されています。

昭和61年、日本が高度成長でバブル経済に
誰もが浮かれていた頃、一人の女性実業家が
ビルから転落死した。

彼女の名前は、富小路公子(沢尻エリカ)。

若干20歳で彗星のように実業界に現れ、わずか一代で
巨万の富を築き、才女・魔性の女といわれた
公子が謎の死を遂げた――。

当然のごとくマスコミは注目し、自殺か他殺か…
さまざまな憶測が飛び交った。

その公子を15歳の頃から知る沢山栄次(船越英一郎)は
公子を擁護してきた一人だった。

君子はふとした出合いから沢山のラーメン屋で
アルバイトを始め、宝石店でも働くようになっていた。

沢山は君子に心を奪われ、やがて彼女は沢山の子を身ごもった。

同時期に君子は宝石店でアルバイトをしていた大学生の
渡瀬義雄(上地雄輔)とも男女の関係になっていた。

しかし君子から「妊娠した」と聞かされた渡瀬は狼狽し、
逃げるように彼女の前から逃げるように消えていった。

やがて出産し赤ん坊を抱えた君子は、渡瀬の実家を訪問し
やりとりにより5000万円の現金を手に入れた。

君子はその資金により、沢山の妻・道代(東ちづる)に、
土地ごとラーメン屋を売って欲しいと半ば強引に取引をする。

「富小路公子」と名を変え、宝石店を始めた君子は、
そこから人脈を広げ、ケタ違いの金と不動産を
自由自在に扱えるようになっていったが…!?







共通テーマ:テレビ
悪女について(沢尻エリカ) あらすじ/感想/ネタ ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビドラマあらすじ・感想・視聴率などまとめ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。