So-net無料ブログ作成
検索選択
K-20 怪人二十面相・伝 あらすじ/感想/ネタ ブログトップ

K-20 怪人二十面相・伝 あらすじ/感想/ネタバレ [K-20 怪人二十面相・伝 あらすじ/感想/ネタ]


K-20 怪人二十面相・伝 あらすじ/感想/ネタバレ
(2012/5/4放映分)について

K-20怪人二十面相伝あらすじ感想ネタバレDVD.jpg

さてさて今回の金曜ロードショーは、、、
『K-20 怪人二十面相・伝』です。

この雨のGWのうっぷんを晴らすのにちょうど良い
娯楽アクションのストーリーとなっています。

しかも出演者が超豪華!
出演者を見てるだけでも満足して
しまいそうです。

金城 武
松たか子
仲村トオル
國村隼
高島礼子
本郷奏多
益岡徹
串田和美
要潤
松重豊
木野花
嶋田久作

< 映画 『K-20 怪人二十面相・伝』 あらすじ >

物語の舞台は第二次世界大戦が回避された架空の昭和24年
となります。

架空の都市 帝都・東京では怪人二十面相が
お金に裕福な家だけを狙う強盗をしていた。

その二十面相の次のターゲットを新エネルギー機関・
テスラ装置を奪うと大胆に宣言。

警察側もそれに向けて探偵の明智小五郎などに
準備を依頼していた。

その一方、サーカス団で働く軽業師・遠藤平吉は
怪人二十面相として警察から追われてしまう
ハメとなってしまう。

運目に導かれるように平吉は自ら二十面相になり、
本物の二十面相と対決することになる。



⇒(参考)★ 映画『K-20 怪人二十面相・伝』 商品詳細はコチラから


< 怪人二十面相・伝 原作 >

北村想先生の原作がオリジナルです。

映画では怪人二十面相が新しい超人的なスーパーな能力を備えており
時代背景も大幅に改変しています。

第二次世界大戦が回避された設定も加え、
架空のパラレルワールドとしての1949年となっています。
ここがまた逆に近未来的な感じを受けます。

このため、帝都と呼ばれる東京で、19世紀から続く
華族制度によって、富のほぼ9割がごく一部の特権階級
により支配されています。

極端な貧富の差が生じる身分制度社会が映画に
良い味付けとなって幅を広げてくれています。



⇒(参考)★ 怪人二十面相・伝(著・北村想) 詳細はコチラから






共通テーマ:テレビ
K-20 怪人二十面相・伝 あらすじ/感想/ネタ ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビドラマあらすじ・感想・視聴率などまとめ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。