So-net無料ブログ作成
アルマゲドン あらすじ/ネタバレ/感想 ブログトップ

アルマゲドン あらすじ/ネタバレ/感想 [アルマゲドン あらすじ/ネタバレ/感想]


アルマゲドン あらすじ/ネタバレ/感想

今回の日曜洋画劇場はあのSF話題作、
アルマゲドン』です。

アルマゲドンといえば映画の内容も
そうですが、それ以上にエンディングで
流れるエアロスミスが歌うテーマ曲
「ミス・ア・シング」がもう名曲中の名曲と言われています。

⇒(参考)★ 「アルマゲドン」 サントラ+DVD はコチラから


< アルマゲドン あらすじ/ネタバレ/感想 >

主演はブルースウィルス、ベンアフレックス、
リヴ・タイラー(エアロスミスボーカルの娘さん)

1998年、宇宙空間で人工衛星を修理中の
スペースシャトルが爆発するところから
ストーリーは始まります。

調査の結果は流星群の直撃が原因であった。

この流星雨は地球の大気圏を突破してアメリカの主要地、
ニューヨークやパリなど世界各地に落ちてきて、
壊滅的打撃を与えるほどインパクトのあるものだった。

そして詳細な調査によって、テキサス州の大きさにも
匹敵する小惑星が地球へとさらに迫ってきているという。

なんとこの小惑星の地球への直撃は18日しかない。

NASAが立案したこの小惑星の衝突を回避する
唯一の手段は、小惑星の深部まで穴を掘り、
内部で核爆弾を爆発させるというものだ。

この作戦を遂行するためにアメリカのブルーカラー中の
ブルーカラー代表「穴堀りのプロ」
石油採掘のスペシャリスト達が召集された。

はたして彼らは国の言うとおり、スペースシャトルに
載る決意ができるのかどうか愛国心が試されていた・・・








共通テーマ:映画
アルマゲドン あらすじ/ネタバレ/感想 ブログトップ
広告スペース
Copyright © テレビドラマあらすじ・感想・視聴率などまとめ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。